【新弾考察】サンダー・ハンドが収録決定!まさかのサンドラあらわる!?【遊戯王】

カード紹介と考察

今回の記事は、【RISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)】にて収録が決定した『サンダー・ハンド』についてご紹介させていただきます。

手札から展開できる新しい【ハンド】モンスターが満を持しての登場です!

今回は『サンダー・ハンド』カードの効果相性の良いカードなどについて、わかりやすく考察していこうと思います。

 

 

サンダー・ハンドとは?

星4/光属性/雷族/攻1600/守1600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが手札・墓地に存在し、 元々の攻撃力または守備力が1600の自分フィールドの表側表示モンスターが 戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。 このカードを特殊召喚し、相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

展開+除去を備えるレベル4の希望!

『サンダー・ハンド』は、限定的ではあるものの、展開と対象を取らない除去が行えるレベル4モンスターなので、なかなか面白いカードだなと 個人的には高評価の1枚。

除外されるデメリットも、エクシーズ素材にすれば回避できるため、割とエクシーズ主体のデッキに潜ませる1枚としても期待が持てそうです。

サンダー・ハンドおすすめの出張先は?

ハンドデッキ

『ファイヤー・ハンド』『アイス・ハンド』とは特に相性が良く、各々の効果を使うことで2枚破壊しつつ、2体展開できる流れを用意に取ることができます。

『サンダー・ハンド』を維持する状況や妨害へつなぐため、そのままエクシーズにつなぐ流れも取れるのもGOODですね。

蟲惑魔+etc

過去に【HAT】というデッキのパートナーでもある『トリオンの蟲惑魔』攻撃力1600のステータスを持つため、相性が良いモンスター。再びタッグ結成といきましょう!

他にも1600ステータスを持つ『Emトリック・クラウン』『召喚僧サモンプリースト』なんかも展開につながる効果なので、相性はよさそうです。

サンダーデッキ

『サンダー・シーホース』から『サンダー・ハンド』をサーチすることができ、非常に相性の良いテーマの1つといえます。

『サンダー・シーホース』自身が1600の攻撃力を持っているのも都合が良いですね。

サンダー・ドラゴン

レベル4テーマではないものの、手札から発動する雷族ということもあり、『超雷龍-サンダー・ドラゴン』につなげる役割もできるため、相性は良いです。

また、『雷電龍-サンダー・ドラゴン』『サンダー・ドラゴン』の2種が攻撃力1600のステータスを持っている点もうまく活かすことができそうです。

他にも、『サンダー・ハンド』の除外されるデメリットも『雷龍融合』でケアできる上、サーチ対象にも該当するため、変則的な【サンダー・ドラゴン】デッキの構築もアリかも…。

RISE OF THE DUELISTは、4月18日発売!

ほぼ2週間後に発売されるRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)の予約は今ならAmazon楽天で可能です。

収録される新カードは強力なカードも多く、新テーマも話題になっていることから、在庫がどうなるか読めない部分があります。購入検討されている方はお急ぎください!

⇒Amazonでご購入の方はこちらから!

⇒楽天でご購入の方はこちらから!

まとめ

【ハンド】新規に関しては、まさかでしたね…。

『サンダー・ハンド』の登場で【ハンド】だけでのデッキ構築も楽しめそうです。

是非、使って遊んでみてください!!

タイトルとURLをコピーしました