【新弾考察】焔聖騎士が正式テーマに! 新規10種をわかりやすくご紹介!【遊戯王】

カード紹介と考察

今回の記事は、【RISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)】にて収録が決定した正式にテーマ化された【焔聖騎士】の新規カード10種についてご紹介させていただきます。

新規の焔聖騎士カード10種類のカードの効果相性の良いカードなどについて、わかりやすく考察していこうと思います。

焔聖騎士とは?

【焔聖騎士】は、炎属性・戦士族で構成されたデッキテーマになります。

専用の『焔聖剣』と組み合わせ、シンクロ召喚を中心に盤面を組み立てていくデッキテーマですね。

『ストラクチャーデッキR-ウォリアーズ・ストライク-』で初登場し、Vジャンプ特典となった『焔聖騎士ーリナルド』を含め、現状2種類しか存在しないテーマでしたが、【RISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)】にて新規が登場し、晴れて正式テーマに!

新規の焔聖騎士カード10種を考察

焔聖騎士-アストルフォ

星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から戦士族・炎属性モンスター1体を除外して発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このカードのレベルを除外したモンスターと同じにできる
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、除外されているこのカードを特殊召喚する。
その後、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、戦士族・炎属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる

デュエル中に1度しか使えないの2つの効果

『焔聖騎士-アストルフォ』は、特殊召喚の際に除外したモンスターとレベルを同じにすることができるので、シンクロ召喚のレベル調整役としても期待できます。

また、あらかじめ除外しておくことで、長期戦になった際の保険をかけておくこともできるでしょう。

焔聖騎士-オジエ

星4/炎属性/戦士族/攻1500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「焔聖騎士-オジエ」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または「聖剣」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。このカードを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する
(3):このカードの装備モンスターは効果では破壊されない。

焔聖騎士専用の墓地肥やし

『焔聖騎士-オジエ』は、戦士・炎属性or聖剣カードを墓地へ送れるので、墓地効果を発動できる焔聖騎士、墓地から拾いたい聖剣を墓地へ送っておくのが良いでしょう

墓地から装備カード扱いで装備する共通効果を持ち、このカードの場合は、効果破壊耐性を付与することが可能です。

焔聖騎士-オリヴィエ

チューナー・効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを手札からレベル1モンスターとして特殊召喚する
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。このカードを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する
(3):このカードの装備モンスターは相手の効果の対象にならない

レベル1・チューナーとして手札から特殊召喚できる!

『焔聖騎士-オリヴィエ』は、レベル4でありながら、自身の効果で特殊召喚すると、レベル1チューナーとして扱うことができます。レベル5シンクロに繋ぐ素材として、重要な効果となるでしょう。

墓地から装備カード扱いで装備する共通効果を持ち、このカードの場合は、対象に取る効果への耐性を付与することが可能です。

焔聖騎士-モージ

星4/炎属性/戦士族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、このカード以外の戦士族・炎属性モンスターまたは「聖剣」カードを合計3枚デッキに戻して発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。このカードを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する
(3):このカードの装備モンスターは戦闘では破壊されない

焔聖騎士、聖剣の再利用役!

『焔聖騎士-モージ』は、墓地へ送られると、墓地 or 除外されている炎・戦士族、聖剣を計3枚デッキに戻して1ドローすることができます。

『聖騎士の追想-イゾルデ』などで一気に落とした聖剣を戻したり、除外した焔聖騎士の再利用が狙えるのはGOODですね!

墓地から装備カード扱いで装備する共通効果を持ち、このカードの場合は、戦闘破壊耐性を付与することが可能です。

焔聖騎士導-ローラン

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/炎属性/戦士族/攻2000/守 500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。このターンのエンドフェイズに、デッキから装備魔法カード1枚を墓地へ送る。
その後、デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。このカードを攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。

エンドフェイズに好きな戦士族をサーチ!

『焔聖騎士導-ローラン』は、エンドフェイズながら、戦士族という広いサーチができるシンクロチューナーになります。

戦士族のシンクロデッキへの出張も期待できますね。

墓地にいると自分・相手ターンメインフェイズ時に、場の戦士族モンスターに攻撃力500アップの装備カードとして装備できるため、簡易的な補助役としても期待できますし、【聖騎士】のサポートとしても期待できます。

焔聖騎士帝-シャルル

シンクロ・効果モンスター
星9/炎属性/戦士族/攻3000/守 200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターに装備カードが装備された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。自分の手札・墓地から装備魔法カード1枚を選んでこのカードに装備する。
その後、デッキから戦士族・炎属性モンスター1体を選んでこのカードに攻撃力500アップの装備カード扱いとして装備できる。

装備を巧みに操り、場を席巻する!

『焔聖騎士帝-シャルル』は、レベル9の【焔聖騎士】のエースカードになります。

このカードに何らかの装備がつくと、フィールドのカードを対象を取らずに破壊する効果を使うことができます。

『焔聖騎士-ローラン』『焔聖騎士導-ローラン』『栄光の聖騎士団』などと組み合わせることで、相手ターンでの妨害も可能になります。

また、エンドフェイズに限りますが、自身の効果でも何らかのカードを装備することができるため、自己完結している点でも非常に優秀ですね。

『焔聖剣-デュランダル』

装備魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが装備されている場合に発動できる。デッキからレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を手札に加える。
その後、このカードを破壊する。
(2):装備モンスターが墓地へ送られた事でこのカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地のレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は戦士族モンスターしか特殊召喚できない

炎・戦士族専用のサーチカード!

『焔聖剣-デュランダル』は、装備カードのサーチ持ちという、なかなか個性的なカードとなっています。

サーチ範囲は、レベル5以下の炎属性・戦士ということなので、【焔聖騎士】以外にも【イグナイト】【BK】などといったテーマのサポートにも使えそうです。

『焔聖剣』の共通効果として、装備された状態で装備モンスターが墓地へ送られる場合の効果があるのですが、『焔聖剣-デュランダル』の場合、レベル5以下の炎属性・戦士を完全蘇生することができます。

効果無効などのデメリットがないのが非常に強いですね…。

『焔聖剣-オートクレール』

装備魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが装備されている場合、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
その後、このカードを破壊する。
(2):装備モンスターが墓地へ送られた事でこのカードが墓地へ送られた場合フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する

超絶強化した焔聖騎士の連撃を狙え!

『焔聖剣-オートクレール』は、シンプルな2回攻撃を付与する効果を持ちます。

一見すると地味ですが、『聖剣クラレント』を組み合わせることで、ダイレクトアタック&2回攻撃のアタッカーを生み出すわかりやすくもエグいこともできちゃいます。

装備時の共通効果での破壊効果も自身のモンスターに装備して展開につなげることで、能動的に除去につなげられるので、状況をみながら盤面をまくる布石の1枚として使ってほしいですね。

『焔聖剣-ジョワユーズ』

装備魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが装備されている場合、自分の墓地の戦士族・炎属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
その後、このカードを破壊する。
(2):装備モンスターが墓地へ送られた事でこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。手札から戦士族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。

墓地の炎・戦士を使いまわせ!

『焔聖剣-ジョワユーズ』は、いわば『焔聖剣-デュランダル』のサルベージ版。

ただし、レベルの制限はないため、『ゴッドフェニックス・ギア・フリード』と非常に相性が良い装備魔法カードです。

また、共通効果に関しても、レベル制限がないので、変わり種モンスターのサポートとしてもオススメできそうです。

オリファンの角笛

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分のフィールド・墓地から装備魔法カード1枚を選んで除外する。
その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊できる
●自分フィールドの「ローラン」モンスター1体を選んで破壊する。
その後、レベルの合計が9になるようにデッキから戦士族・炎属性モンスターを3体まで選んで
効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、次の自分ターンの終了時まで自分は戦士族モンスターしか特殊召喚できない。

ローラン1枚がシャルルに化ける!?

『オリファンの角笛』は対象を取らない除去 or 『ローラン』モンスターを破壊して、炎・戦士をレベル9になるまで一気に展開する効果の2つの効果を持ちます。

(効果はどちらかの選択性)

『ローラン』さえ用意できれば、チューナーを含めた展開をすることで、『焔聖騎士帝-シャルル』に即座につなげることができます。

炎・戦士族としか書かれていないため、破壊コストさえ用意できる構築にすることで、炎・戦士族の展開サポートカードとしても、今後期待できそうな1枚なのではないでしょうか?

焔聖騎士への出張候補たち

聖騎士

名称に【聖騎士】が入るため、サポートカードを共有することができます。

ただし、炎・戦士族には含まれないため、全てのカードを共有することはできないため、採用するカードはある程度絞る必要性があるでしょう。

中でも、【聖騎士/聖剣】をサーチ、サルベージできる『聖杯の継承』に関しては、外せないカードとなると思うので、今のうちに集めることをオススメします。

ゴッドフェニックス・ギア・フリード

『焔聖剣-ジョワユーズ』の紹介でもふれましたが、『ゴッドフェニックス・ギア・フリード』相性の良い装備魔法を扱うテーマであり、属性・種族も一致しています。

アタッカー、妨害役としても活躍が期待できるので、採用率は高くなりそうです。

RISE OF THE DUELISTは4月18日発売!

ほぼ2週間後に発売されるRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)の予約は今ならAmazon楽天で可能です。

収録される新カードは強力なカードも多く、新テーマも話題になっていることから、在庫がどうなるか読めない部分があります。購入検討されている方はお急ぎください!

⇒Amazonでご購入の方はこちらから!

⇒楽天でご購入の方はこちらから!

まとめ

【RISE OF THE DUELIST】から【焔聖騎士】まさかの公式テーマ化!

正直、こんなに早く【焔聖騎士】のカードを拝むことができるとは思いませんでした。

炎・戦士族に縁がなかった方も、今こそ【焔聖騎士】で華々しいデビューを飾りましょう!

タイトルとURLをコピーしました