【新弾考察】新たな堕天使が降臨! 新規5種をわかりやすくご紹介!【遊戯王】

カード紹介と考察

今回の記事は、【RISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)】にて収録が決定した【堕天使】の新規カード5種についてご紹介させていただきます。

最上級のエース格、『堕天使ルシフェル』の採用検討する方が増えた理由にもなる新規の堕天使カード5種類のカードの効果相性の良いカードなどについて、わかりやすく考察していこうと思います。

堕天使とは?

【堕天使】は、闇属性・天使族で構成されたデッキテーマになります。

フィールド上で墓地の堕天使魔法・罠カードをモンスター効果として発動できる共通効果を巧みに駆使して、アドバンテージを稼ぐデッキテーマですね。

『ブースターSP-デステニー・ソルジャーズ-』で初登場し、細かな新規追加や再録もあり、イラストアドバンテージも高く、人気の高いデッキテーマとなっております。

新規の堕天使カード5種を考察

享楽の堕天使

星4/闇属性/天使族/攻 0/守1600

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。 天使族モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。

(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、 フィールドの天使族モンスターの数×500ダウンする。

相手メインフェイズにアドバンス召喚を狙える!

『享楽の堕天使』は、自身のターンのみではなく、相手ターンにアドバンス召喚を行えるので、手札から展開、追加の妨害役を呼び出すことができます。

天使族モンスターという縛りだけなので、『帝王の烈旋』等とも組み合わせることができそうですね。

また、天使1体でアドバンス召喚できる『堕天使ディザイア』のサポートにもなりそうです。

悦楽の堕天使

星4/闇属性/天使族/攻1600/守 0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 手札・デッキから「悦楽の堕天使」以外の、 レベルが異なる「堕天使」モンスター2体を選び、 その内の1体を相手フィールドに守備表示で特殊召喚し、 もう1体を自分の手札に加える

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は天使族以外のモンスターの効果を発動できない。

堕天使サーチ&相手の場に特殊召喚!

『悦楽の堕天使』は、自身以外の2体の堕天使モンスターに触れる効果を持ちます。

サーチに関しては、『堕天使イシュタム』『堕天使テスカトリポカ』などの手札に持っておきたい、又は効果を使いたいモンスターを持ってくればいいでしょう。

相手の場には、『享楽の堕天使』『堕天使スペルビア』など、間接的に墓地へ送っておいしいモンスターがよさそうですね。

次に紹介する『堕天使ネルガル』の貫通効果を考慮して、守備力の低い堕天使を送るのもGOODですね!

堕天使ネルガル

星8/闇属性/天使族/攻2700/守2500

自分は「堕天使ネルガル」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、 その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の天使族モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、 その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

(2):1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 その魔法・罠カードの効果を適用する。 その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。

レベル8・堕天使の期待の新人!

『堕天使ネルガル』は、効果こそ地味なものの墓地の堕天使魔法・罠を扱う共通効果を持つレベル8・堕天使という点で、既にいる『堕天使ゼラート』などのレベル8・堕天使と差別化できそうですね。

『トレード・イン』の種になってもらいましょう!

黎明の堕天使ルシフェル(融合)

星12/闇属性/天使族/攻4000/守4000

天使族・闇属性モンスター×3

このカード名の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):「堕天使ルシフェル」を素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドのカードを全て破壊する。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分フィールドの天使族モンスターは相手の効果の対象にならない。

(3):自分・相手のメインフェイズに1000LPを払って発動できる。 自分の手札・墓地から天使族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

素材に堕天使ルシフェルがいれば全ぶっぱ!

『黎明の堕天使ルシフェル』は、初の堕天使融合モンスター!

闇属性・天使3体と複数体必要なので、フィールド、手札での融合はある程度アドバンテージを回復できる手段がないと、融合は推奨できないのかなと思います。

ただ、ステータスは攻守4000と高く、特に②の対象を取るカードから守れる効果は、天使族限定の全体付与と非常に強力!

また、『堕天使ルシフェル』を素材にすれば、相手の場の全体除去…。恐ろしい。

叛逆の堕天使

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 「堕天使」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 自分の手札・フィールドから、 闇属性の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

その後、このカードを発動するために墓地へ送ったモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復できる。

堕天使専用融合!

『反逆の堕天使』は、堕天使の専用融合カードでありながら、堕天使の融合モンスターに縛られない一面も持っている融合罠カードです。

『超融合』と合わせて採用することで、『スターヴ・ヴァノム・フュージョンドラゴン』を併用できるようになるのは、面白いかなと思っています。

今後の堕天使に組み込む候補

トリックスター

天使族という共通点、天使を並べやすいという共通点から出張候補としては最適ですね。

『トリックスター・ライトステージ』の存在のおかげで、相手のバックを触れるのもGOOD!

失楽の魔女

『失楽の堕天使』への変化前のモンスターですね。

新規の2種の堕天使モンスターがレベル4になるため、リクルート効果と相性が良いです。

また、新規の強力な速攻魔法『禁じられた一滴』を持ってこれるメリットがあり、闇属性・天使族という共通点もあることから、採用検討をしてもよさそうな1枚といえるでしょう。

RISE OF THE DUELISTは4月18日発売!

ほぼ2週間後に発売されるRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)の予約は今ならAmazon楽天で可能です。

収録される新カードは強力なカードも多く、新テーマも話題になっていることから、在庫がどうなるか読めない部分があります。購入検討されている方はお急ぎください!

⇒Amazonでご購入の方はこちらから!

⇒楽天でご購入の方はこちらから!

まとめ

【RISE OF THE DUELIST】から【堕天使】の新規カードが発表されるとは…。

根強いファンも多いテーマなので、今後どのような活躍をするのかも併せて注目したいと思います私としては、期待しかありません。

今こそ『堕天使ルシフェル』を覚醒させましょう!!

タイトルとURLをコピーしました