【新弾考察】揺海魚デッドリーフはデキる子!魚族デッキがアツくなる!【遊戯王】

カード紹介と考察

今回の記事は、【RISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)】にて収録が決定した『揺海魚デッドリーフ』についてご紹介させていただきます。

魚族の墓地肥やし役としては、これ以上にないほどの汎用性の高さがあると話題となっているこのカードの効果相性の良いカードなどについて、わかりやすく考察していこうと思います。

 

 

揺海魚デッドリーフとは?

星4/水属性/魚族/攻1500/守1600

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「揺海魚デッドリーフ」以外の魚族モンスター1体を墓地へ送る。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の魚族モンスター3体を対象として発動できる。 そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。

魚族版・終末の騎士!

『揺海魚デッドリーフ』は、魚族待望の召喚・特殊召喚・反転召喚で反応する墓地肥やし役です。

魚族を起点とする大量展開を狙う起爆剤として、かなり期待されているようですね。

墓地効果も非常に優秀!

墓地から除外することで、簡易的な『貪欲な壺』のような効果を使用することもできるため、無駄がありませんね。

揺海魚デッドリーフのおすすめの出張先は?

超古深海王シーラカンス

特に注目されているのは、この『超古深海王シーラカンス』を軸とした魚族超展開系のデッキでの採用です。

今までは、『超古深海王シーラカンス』を場に出すまでの段取りが非常に面倒でしたが、揺海魚デッドリーフ』+レベル4を用意してあげるだけで、準備が整うように。

『超古深海王シーラカンス』を墓地へ落とし、『No.60 刻不知のデュガレス』をエクシーズ召喚し、効果で墓地から釣り上げるだけ。

非常に簡単に『超古深海王シーラカンス』の展開ができるようになりましたね!

素早いデッキ

【素早い】の場合、『素早いアンコウ』魚族である点から、『揺海魚デッドリーフ』と非常に相性の良いテーマであることがわかります。

『素早いアンコウ』は、手札・デッキから墓地へ送られると、デッキから素早いモンスター2体まで特殊召喚することができる効果を持っています。

展開に直接つながるほか、墓地効果とも非常に相性が良く、デッキの素早いモンスターの”在庫切れ”を防ぐこともできます。

シャークデッキ

シャーク】は、主にレベル4・水属性・魚族を扱うテーマなので、『揺海魚デッドリーフ』と相性の良いテーマです。

新マスタールールになり、エクシーズを連打できるようになるので、『サイレント・アングラー』『エクシーズ・リモーラ』などを駆使し、エクシーズ環境の頃を彷彿とさせる展開が期待できます。

フィッシュボーグ

他にも墓地から特定の条件下で特殊召喚するモンスターが多い【フィッシュボーグ】ども相性はよさそうですね。

ほぼ水フルモンっぽいデッキでも活躍が見込めるでしょう。

RISE OF THE DUELISTは、4月18日発売!

ほぼ2週間後に発売されるRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)の予約は今ならAmazon楽天で可能です。

収録される新カードは強力なカードも多く、新テーマも話題になっていることから、在庫がどうなるか読めない部分があります。購入検討されている方はお急ぎください!

⇒Amazonでご購入の方はこちらから!

⇒楽天でご購入の方はこちらから!

まとめ

なかなか魚族テーマは、日の目を見る機会も少なく、なかなかパッとしないものも多かったですが、『揺海魚デッドリーフ』の登場で大きく変化するかもしれません。

RISE OF THE DUELIST発売後の動向にも注目したいと思います!

タイトルとURLをコピーしました