【裁定】幽鬼うさぎを使いこなせ!効果のおさらいと3つの注意点を解説!

気になるカード裁定
今回の記事は、気になるカード裁定のコーナーです。 テーマは【幽鬼うらぎ】

初心者や遊戯王に復帰されるプレイヤーが大多数だとは思うのですが、この『幽鬼うさぎ』を巡ってのルールミスを見かける機会が何度かありました。

■幽鬼うさぎについて

➡幽鬼うさぎってどんなカード?

チューナー・効果モンスター

星3/光属性/サイキック族/攻 0/守1800

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、 またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 フィールドのそのカードを破壊する。

 
簡単に説明すると、相手が発動したカードの破壊を行うことができる手札誘発モンスターになります。場からリリースすることでも発動可能ですね。
 
この効果には、ルールミスにかかわる注意点が3つあります。1つずつお話しさせていただきます。
 
 
 

■幽鬼うさぎの使い方、3つの注意点解説!

モンスター効果に対して発動する場合

 
まず、モンスター効果が発動したケース。これは、起動効果、誘発即時効果を問わず『幽鬼うさぎ』を発動することができます。
 
例えば、『終末の騎士』が召喚され、効果が発動したタイミングでチェーンして『幽鬼うさぎ』を発動することは可能です。
 
しかし、効果は破壊するだけで、破壊したからと言って発動した効果を無効にすることはできません。
 
ただし、『サモンソーサレス』などのように、破壊することで対象判定できなくなるということで、結果的に効果が無効になるという例外的なケースは存在します。
 
一応、頭の片隅にでも入れておいてください。
 
 

魔法・罠カードに対しての発動する場合

 
『幽鬼うさぎ』のカードテキストに記述されているに、「既に発動されている魔法・罠」という一文がかなり重要です。
 
『トリックスター・ライトステージ』『ユニオン格納庫』などの発動時の効果処理として、何らかの処理を行うカードに対して、『幽鬼うさぎ』を発動するプレイヤーが非常に多いのです!
 
この『発動時の効果処理』というのがポイントで、これはすでに発動されている魔法・罠」ではありませんので、『幽鬼うさぎ』の発動条件を満たすことができておらず、発動することはできません。
 
ただし、すでに発動されている状態の⑴以外の効果の発動に対しては、発動条件を満たすため、チェーンする形で『幽鬼うさぎ』を発動することが可能です。

カードを墓地へ送れない状況の場合

 
忘れがちな一文なのですが、「手札、フィールドからこのカードを墓地へ送って発動」 と書かれております。
 
手札誘発の多くは、「捨てて発動」というテキストが多いのですが、この「墓地へ送って発動」と書かれている『幽鬼うさぎ』の場合、『マクロコスモス』などのカードが墓地へ送れない状況下にある場合、発動そのものを封じられてしまいます。
 
忘れがちなポイントなので、改めて頭に入れておいていただけると幸いです。
 

■まとめ

 
先日、レアリティ・コレクション プレミアム・ゴールド・エディションにて多くの手札誘発が再録されました。モチロン、『幽鬼うらぎ』も収録されています。
 
通常の再録に加え、今回は別イラストのものも収録されました。こちらのイラストも絶妙な仕上がり!是非、手に取ってみてみてください
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました