【遊戯王】始原竜プライマル・ドラゴンを使いこなせ!最新のVジャンプの付録カードについて迫る!【新弾情報】

カード紹介と考察
 どうも! ゆら。です。

今回のお話は・・・。

【始原竜プライマル・ドラゴン】
こちらについてになります。

最新のVジャンプの付録カードとして収録された『始原竜プライマル・ドラゴン』は、攻守2000を持つなかなか強力なドラゴン族モンスターです。

なかなか面白い効果をしていて、ちょっとした組み合わせで活躍することができるカードなので、是非とも使ってみてほしいカードですね。

では、『始原竜プライマル・ドラゴン』についてに触れていこうと思います。

 

 

始原竜プライマル・ドラゴン

星4/光属性/ドラゴン族/攻2000/守2000

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードの戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。

(2):自分の墓地からドラゴン族モンスター1体を除外して発動できる。 このカードの攻撃力・守備力は次のターンの終了時まで、除外したモンスターの攻撃力分アップする。

(3):このカードがリリースされた場合自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

カンタン補足情報

星4モンスターでありながら、攻守2000を持ち、さらに②の効果での打点上昇がよういであるがために、このカードにおる戦闘でのダメージが発生しません。

また、このカードがリリースされた場合、場の表側モンスターの攻撃回数を2回にすることも可能です。

■ 始原竜プライマル・ドラゴンと相性の良いカードたち

➡征竜(嵐征竜テンペスト)

 

 

『始原竜プライマル・ドラゴン』の②の効果に注目すると、墓地のドラゴン族モンスターを除外して発動とあります。
ステータスアップの効果で強力な打点処理につなげるだけでなく、墓地から除外した場合に効果を発動できるモンスターとの相性は、言うまでもないと思いますが、非常に良いです。
「ドラゴン族」+「除外」というワードを組み合わせたときに浮かぶのは、やはり【征竜】のモンスター達!!
『嵐征竜ーテンペスト』に関しては、既に禁止から制限に戻り、使用できる状態でもあるので、組み合わせての運用は、おすすめできますね。

➡リリースして除去を行うカード

ここからは、『始原竜プライマル・ドラゴン』の③の効果に関連するおすすめカードになります。

リリースを必要とするカードとの組み合わせですよね・・・。
できるのであれば、除去効果を持つカードと組み合わせたいと思うのが普通でしょう。
その「リリース」+「除去(破壊)」の組み合わせでおすすめできるのが、『聖刻神龍ーエネアード』『崩界の守護竜』になります。
また、『バーストブレス』という複数体除去の罠カードも打点上昇の効果も込みでおすすめできます!!

➡儀式モンスター

リリースする必要があると難しく考えなくていい、最もシンプルな回答があります。

それが「儀式召喚」です。

 

儀式召喚は、基本的に場や手札からモンスターをリリースすることによって行う召喚方法です。

『始原竜プライマル・ドラゴン』と同じドラゴン族という理由から、【儀式青眼】でのサポート運用なども面白いかと思います。少し変化球のいる構築にはなりますが。

また、ここ最近登場した【メガリス】のような☆4、☆8の儀式ができるテーマであれば、『始原竜プライマル・ドラゴン』は、リリースもしやすく、相性は良いのかなと思いますね。

➡万物創世龍

 

最後に紹介するのは、唯一の10000シークレットレアである『万物創世龍』です。
このカードは、攻守1万以上になるように場のモンスターをリリースして特殊召喚し、特殊召喚成功すれば、攻撃力が1万として存在できるという遊戯王1万枚記念のカードです。
このカードを使う猛者はなかなかいないでしょうが、『始原竜プライマル・ドラゴン』との相性は非常によく、うまくいけば1万打点の『万物創世龍』が2回攻撃してくるといいう悪夢のような光景を見ることができます。

■まとめ

➡リリースを有効活用して活躍させてみよう!

 

今回は、Vジャンプにて登場した『始原竜プライマル・ドラゴン』について触れさせていただきました。

リリースを活かせるカードって意外と探すのが難しい・・・。
私自身も結構いろいろ探したのですが、バーン関係だったり、自身をリリースする必要があるカードだったりと、これぞ!というカードが少なく感じてしまっています。
その「これぞ!!」と思えるカードの存在は、おそらく上記のカード以外のもあるのではないかと思っています。
是非とも、あなたの力で探してみて、対戦相手を驚かせてみてください!!
それでは、今回はこの辺で・・・
ではでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました