【デッキ紹介】命削りAFウィッチクラフトデッキ紹介!強金いらずの可愛いデッキ!!【遊戯王OCG】

テーマ別
どうも! ゆら。です。
 
 
今回、紹介させていただくデッキは、【インフィニティ・チェイサーズ】にて収録された【ウィッチクラフト】のデッキを紹介します。
 
 
紹介するデッキは、【命削り型AFウィッチクラフト】になります。
 
 
 
通常の強欲で金満な壺を使用したタイプと異なり、命削りの宝札ドローソースとして採用したタイプになります。
 
若干、癖は強くなってしまいますが、命削りの宝札を採用するうえで、通常のウィッチクラフトデッキと異なり、罠カードも多く採用させていただいています。
 
 
 
 

■命削りAFウィッチクラフトのデッキ紹介!!

 

➡命削りAFウィッチクラフトのデッキレシピをご紹介!!

 

f:id:riockdododoto:20190319131604p:plain

■モンスター(13枚)

 

 カード  カード名 枚数 レベル 属性/種族/種類 攻/守
ウィッチクラフトマスター・ヴェール
1
☆8
光/魔法使い
1000/2800
ウィッチクラフト・ハイネ
1
☆7
闇/魔法使い
2400/1000
ウィッチクラフト・シュミッタ
3
☆4
炎/魔法使い
1800/600
ウィッチクラフト・ピットレ
1
☆3
水/魔法使い
1000/1500
ウィッチクラフト・ポトリー
3
☆2
地/魔法使い
0/2000
アーティファクト−モラルタ
2
☆5
光/天使族
2100/1400
アーティファクト−デスサイズ
2
☆5
光/天使
2200/900

 

■魔法(17枚)

 

 カード  カード名 枚数 種類
ウィッチクラフトクリエイション
3
通常
ウィッチクラフト・サボタージュ
2
通常
ウィッチクラフト・ドレーピング
1
速攻
ウィッチクラフト・コラボレーション
1
通常
ウィッチクラフト・スクロール
1
永続
ウィッチクラフト・バイストリート
2
永続
アーティファクト・ムーブメント
1
速攻
命削りの宝札
3
通常
墓穴の指名者
3
速攻

 

 

■罠(10枚)

 

 

 カード  カード名 枚数 種類
ウィッチクラフト・マスターピース
2
通常
無限泡影
2
通常
アーティファクトの神智
3
通常
砂塵の大嵐
2
通常
トラップトリック
1
通常
 

 

 

 
 

■採用カードを簡単に解説!

 

➡採用理由をざっくり説明!

ウィッチクラフト関連カードの枚数について
 
 
まず、ウィッチクラフト関連の枚数から。 割と違和感を覚える採用枚数かと思います。
 
まず最上級は2枚のみ
 
命削りの宝札の関係上、引き込んでしまった際のドロー枚数への影響、ピットレ以外、魔法カード以外ではコストにできないのを考慮し、無理に捨てる手段を増やさず、枚数を減らしました。
 
下級から簡単にリクルート可能なので、初手に引き込まなければ、蘇生パーツの存在も含め、割と何とかなるかなといった感じです。
 
 
下級の枚数では、ピットレ、ポトリ―の枚数でしょう。
 
ウィッチクラフト・ピットレの場合、手札交換する効果があるのですが、
命削りの関係上、戻ってきたウィッチクラフト魔法も相手ターンに妨害するうえで切っていることが多く、若干、効果との相性に違和感を覚えました。
 
ウィッチクラフト・ポトリ―は、ハンドが0枚の時に墓地のウィッチクラフト魔法を自身を墓地から除外して、サルベージすることが可能です。
 
確実性は、こちらもありませんが、命削りの宝札を使った次のターンの場合、発動タイミングはまだあったかなと感じました。
 
 
ウィッチクラフト・マスターピースの墓地の効果の関係上、最下級であるという点も活かしやすかった印象があります。そこも考慮し、ガッツリ3枚です。
 
 
魔法に関しては、ベーシックですね。
 
 
ウィッチクラフト・マスターピースについてですが、命削りの宝札の2枚目を準備できる流れは、
なかなか強いですね。
 
2枚積んでいるので、トラップ・トリックから持ってくることも可能です。
 
 
今回、デッキを組んだ理由が、ウィッチクラフト・マスタピースの存在でした。
使ってみると面白い動きをしてくれます。
 
 
 
アーティファクトの採用理由
 

 
 
アーティファクトの採用理由は、相手のデッキの速度低下を狙える通常罠を探していたのがきっかけです。
 
先ほど言った通り、ウィッチクラフト・マスターピースを軸とする上で、早い段階でトラップ・トリックの採用が決まりました。
 
他の罠カードを採用していくうえで、通常罠でかつ、相手の足を引っ張ることのできるカード。そんなカードはないのかと探しました。
 
そこで、アーティファクト・デスサイズの存在に気付き、アーティファクト関連の採用となりました。
 
 
また、同じ段階で、アタッカー不足にも悩まされていたため、そちらの悩みの解決にもなったのは大きかったですね。
 
 
通常罠にこだわる必要がなければ、スケープゴートからのアタッカーの用意、永続、カウンター罠の採用で手を打ってもよさそうですね。
 
 

■命削りAFウィッチクラフトでの戦略面について

 

➡トラップ・トリックの流れをおさらい

 
基本的なトラップ・トリックの流れを簡単にお話ししましょう。

 

 

今回、画像にはマスターピースを除いた妨害に使える通常罠の流れを わかりやすく書かせていただきました。

 

f:id:riockdododoto:20190319144426j:plain

オレンジは神智での特殊召喚先です。
 
相手の動きに合わせて持ってくることのできるカードを変えられるので、その場その場の状況判断が大切になります。
 
また、砂塵の大嵐を利用して、自身の場のアーティファクトを割って特殊召喚する動きにもつなげることが可能です。 
 

➡命削りの宝札の発動について

 

命削りの宝札

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、 このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。

(1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。 このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。 このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。

 
通常の命削りの宝札を利用したメタビート系のデッキの特徴としては、
先の一気にバックを伏せ、3枚確実にドローするのが強力でした。
 
通常より多くウィッチクラフト魔法を多く採用すれば、恐らくその動きでも問題ないでしょう。
 
 
しかし、今回の場合、ウィッチクラフトのモンスターの枚数命削りデッキとしての採用モンスター枚数が、かなりぎりぎりのラインになっている上、最終的にカードを捨てた後に、ウィッチクラフト魔法カードが戻ってこない事態になると間違いなく相手に流れを持っていかれてしまいます。
 
 
3枚ドローも魅力ですが、無理にウィッチクラフト魔法カードはセットせず、手札に持ったまま、ドロー効果につなげることで、最低限のウィッチクラフト魔法を手札に持っておくことができます。
 
 
墓地にウィッチクラフト魔法が既に落とせていればよいですが、序盤は特に、意識しながらの発動が必要となるでしょう。
 
無理してセットしてしまうとなかなか発動タイミングがなく、セットされた状態が維持されてしまうことも少なくはありませんので・・・。
 
 

■まとめ

今回は、命削り型のウィッチクラフトのデッキをご紹介させていただきました。
 
私自身 、命削りの宝札をよく使うので、とりあえず、命削り軸でくんでみるってことはたいていのデッキでよくします。
 
正直、ウィッチクラフトに関しては、強欲で金満な壺を採用した方が、初動の動きが楽なのは間違いないですね。
 
命削りの宝札から入ると、相手のターンに2枚以上は、魔法カードをきることになってしまい、スタートから厳しくなってしまうので・・・。
 
今回は、アーティファクトでリカバリーしてますが、相手の足を引っ張る、動きを阻害するそんなカードの採用が必須となるでしょう。
 
 
可愛いルックスを持ちながら、頭を使わせてくるデッキです。
 
 
興味がある方は、ぜひ組んでみてください!
 
 
では、今回はこの辺で・・・
 
ではでは!!
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました